文化財・旧 豊田喜一郎邸のテント施工|愛知県豊田市

愛知県豊田市のトヨタ鞍ヶ池記念館敷地内の文化財・旧 豊田喜一郎邸のテント施工を担当させていただきました。

旧豊田喜一郎邸は、トヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎氏(1894-1952)が、1933年に名古屋の郊外に別邸として建てた家で、1999年に修復されトヨタ鞍ヶ池記念館の横に移設された文化的な建築物です。

修復・移設工事の際に庇テント温室天井部のよしずを担当させていただき、現在も定期的にメンテナンスをさせていただいております。

昭和 8 年(1933)、喜一郎が名古屋市郊外の八事・南山の敷地内に建てた住居を移築修復しました。名古屋建築界の第一人者・鈴木禎次氏によって設計されたこの建物は、当時は通称“南山農園”とも呼ばれていました。

トヨタ鞍ヶ池記念館 - 旧豊田喜一郎邸

庇テントの張り替え施工後

よしず・庇テントのメンテナンス施工後

メンテナンス後の写真

24年3月15日発行の産繊新聞に、本事例が掲載されました。

産繊新聞24年3月15日号に弊社施工事例が掲載

メディア掲載詳細 産繊新聞(24年3月15日号)にて、弊社が日よけテントの施工を担当した文化財・旧 豊田喜一郎邸の事例が掲載されました。 施工事例詳細ページもあわせて…

テント・シート・膜のことなら丸八テント商会へお任せください

ロゴ入れ・印刷対応承ります

丸八テント商会では、インクジェット印刷をはじめ、シルクスクリーン印刷、カッティングシートや、シール圧着、職人さんによる手書きロゴ入れ等をいたします。お客様のご要望や、テント生地に合わせて適切な方法でロゴ入れもいたします!

多種多様なテント生地をラインナップ

他にも様々な色や模様、デザイン、質感の異なる生地や、防炎、耐熱、防虫等、多種多様な特性を持つテント生地をご用意しております。耐久性やデザイン、機能など、豊富な経験を元にご要望に合わせてご提案させていただきます!

【全国対応!】ご相談・お見積もり無料

丸八テント商会では、「オンリーワン」をコンセプトに、世界に1つだけのオーダーメイドテントを確かな技術と提案力で実現します。丸八テント商会では、テント・膜構造施工の枠を超え、常に新しいことに挑戦し続けています!創業以来培ってきた豊富な経験を元に様々な形状・機能・デザインを予算に応じてご提案致します。詳しくは、メールやお電話などで、お気軽にお尋ねください。

テント・シートの施工や相談は
丸八テント商会へ

お問い合わせフォームやお電話で
お見積もり・ご相談が可能です !
ご希望のメニューや利用用途と共に
お問い合わせください