細かい仕様にも対応できます!

こちらは先日紹介いたしましたスポーツ施設のマットカバーの縫製部分です。
blog220マットカバー あて生地
一反の生地を寸法に合わせてカットしミシンで縫い合わせて1つのカバーを作っています。
こちらは、チャックをつまむ部分が外に出て、怪我をしないように生地を当てて隠している部分です。
手作業だからこそ、細かい仕様に対応できます!