オーストラリアではオーニングテントを設置するなどの日焼け対策も学校の務めです。

南極に近いオーストラリアでは、
オーニングを多用するなど、
効果的な対策が講じられています。
o-ningde_3.jpg
《有害紫外線に対する、オーストラリアと日本の意識の違い。》
ゴールドコーストには、日焼け注意の看板が、砂浜の入口ごとに立てられているにも関わらず、
日本人観光客は平気で肌を焼いており、
「彼らは日焼けが格好いいと思っているのかな?」と怪訝な顔をする現地の遊泳監視員たち。
これほどまでに、有害紫外線に対する認識が、日本とオーストラリアでは異なっているのです。
でも、有害紫外線は、日本でも確実に降りそそいでいます。
予防に勝る治療はありません。早い取り組みが必要です。